データ転送量が多いのでアクセス数が多いサイトでも安心。

アクセス数が多いサイトを運営する場合には、サーバーのスペック的に「データ転送量が多いもの」か「転送量無制限」と明記しているレンタルサーバーを選ぶ必要があります。
データー転送量というのはサーバーから呼び出されるデータの量の事を言います。レンタルサーバーでは、自分が公開しているホームページにアクセスがある、メールを送信する、ファイルをダウンロードしたりした時などにデータがサーバーより呼び出されています。
つまり、ホームページに関わるほとんどの動きに、この転送量が付いて回るわけです。
アクセスが多いサイト・ホームページを運営する場合はおのずとデータ転送量が多くなります。
転送量制限があるレンタルサーバーで、万が一転送量制限の数字を超えるアクセスがあった場合には、月額料金とは別で追加料金が必要になることもありますので要注意です。

サイトを運営している途中で、利用しているレンタルサーバーのデータ転送量では足りなくなってサーバーを移転することが必要になった場合、アクセス数が多いサイトを移転するのは大変リスクを伴いますし、膨大な手間がかなります。
そうならないためにも、アクセス数が多いサイトを運営する場合は最初からデータ転送量が多いレンタルサーバーを選んでおく方が良いでしょう。


ランキング1位さくらのレンタルサーバー

さくらのレンタルサーバーさくらのレンタルサーバーは、料金設定は格安レンタルサーバー並の低価格なのですが、転送量が1日あたり80GBという大容量になっています。また国内最大級の高速バックボーンを持っていて、自社で大きなデータセンターを運営する個人から法人まで幅広く利用されており、代表的な大手レンタルサーバと言えます。
料金的に1クラス上のレンタルサーバーにサーバーのスペックや安定性は劣るものの、データ転送量に関しては1クラス上のレンタルサーバーでもこの数字を超えるところはほとんどありません。メールでのお問い合わせはもちろん、通話料は無料での専門のサポートスタッフによる電話サポートが用意されており、比較的に安心して使えるレンタルサーバと言えます。

【初期費用】【月額料金】【ディスク容量】
953円+税429円+税100GB
【マルチドメイン】【データベース】【転送量】
20個MySQL 20個80GB/日(目安)

ランキング2位ヘテムル

ヘテムルヘテムルは、格安レンタルサーバーと比較すると月額料金は少し高めで決して安くはありませんが、その料金に見合った高スペックなレンタルサーバーです。
ヘテムルのレンタルサーバーはクリエイターの方達の間で特に人気の高いサーバーです。その理由と言うのがディスク容量が大容量256GBもあり、転送量制限は60GB/日までOKなので、画像や動画、Flashや音楽ファイルをふんだんに使ったホームページでの運営でも安心。
さらに大規模サイトやWebサービスのようなアクセス数が多いサイトを運営しても安定稼働してくれます。
マルチドメインが無制限で設定できるので、複数のサイトを低コストで運用できます。

【初期費用】【月額料金】【ディスク容量】
3,950円+税1,500円+税256GB
【マルチドメイン】【データベース】【転送量】
無制限MySQL 100個60GB/日(目安)

ランキング3位エックスサーバー(X10プラン)

エックスサーバーエックスサーバーは、利用料金とスペックなどを総合的に見て一番バランスの取れたおすすめのレンタルサーバーです。
特徴的なのは法人でも十分使える機能性・高速運用、そして安定稼働のレンタルサーバーと言えます。
また、マルチドメインが無制限でMySQLを30個まで設置できるという面で、複数サイトの運営におすすめなのですが、データ転送量も1日あたり50GBという大容量なので、十二分な安定性で稼働します。初心者の方でも安心してサポートがご利用いただけるよう、24時間365日体制でサポートというのも嬉しい点です。
ちなみにこのサイトもエックスサーバーで運営しています。

【初期費用】【月額料金】【ディスク容量】
3,000円+税1,000円+税200GB
【マルチドメイン】【データベース】【転送量】
無制限MySQL 30個50GB/日(目安)