同人サイトやアダルトサイトが利用可能。

レンタルサーバーへはある程度自由にアップロードして、ホームページを公開ですが、同人サイトや18禁などのアダルト系などとなると話は別になります。
これらは性質上アクセスが増えやすく、動画や画像の設定の数も多い傾向にあるため、サーバーに負担がかかるケースも多くなってきます。
それらが他のレンタルサーバー契約者へ影響を与えないため、別の専用サーバーとして分けられているケースが多いです。

二次創作などの同人サイトの運営はほとんどのレンタルサーバーでも問題ないと思いますが、レンタルサーバーによっては公式に「同人サイトの運営可能」と明記してあるところもあると思いますので、そのレンタルサーバーを選ぶと良いでしょう。
しかし、同人サイトによっては18歳未満禁止のアダルトコンテンツを扱う場合もあると思いますが、ほとんどのレンタルサーバーでは18禁サイトの運営を規約で禁止していますので注意が必要です。
アダ○トコンテンツのある同人サイトを運営する場合には「アダルト可能」と明記してあるレンタルサーバーを選ぶと安心してホームページの公開、サイトを運営できます。


ランキング1位GMOクラウド(ミニプラン)

GMOクラウドGMOクラウドは、アダルト可能とは思えないくらいの月額料金と大容量そして高スペック&高機能を持つビジネス向けレンタルサーバーです。
複数台のサーバー群で分散処理を行うクラスタ技術を採用した、高速で安定した処理ができる信頼性の高いレンタルサーバーとなっています。障害発生時にも冗長化された別サーバーが処理を継続するため100%の稼働率を誇るという他のレンタルサーバーでは見かけないものとなっています。
障害に強いサーバーということもあり、まさにビジネス用途向きのレンタルサーバーと言えます。ただし、管理画面が使いにくいと言う声や、データ転送量(制限など)が不明なのが気になるところです。とは言え、容量などスペックの考えると不安以上のサービスを持つレンタルサーバーと言えます。

【初期費用】【月額料金】【ディスク容量】
5,000円+税934円+税200GB
【マルチドメイン】【データベース】【転送量】
60個MySQL 30個一応制限なし

ランキング2位FUTOKA

FUTOKAFUTOKAは、アダルト可能なレンタルサーバーとは思えないほどリーズナブルな料金設定と高機能さが人気で契約者数が急増している新鋭のレンタルサーバーです。アダルト専用と言う事で、価格が高くなるサーバーが多い中、FUTOKAレンタルサーバーは、通常のレンタルサーバーに匹敵するぐらいコストパフォーマンスが高いレンタルサーバーです。
データベースが無制限なので、WordPressでアダルトサイトを作成する際にとても重宝します。さらに電話サポートもあるので初心者でも安心して利用できます。国内サーバーですので、快適な回線を確保しており、アクセスが増えやすいアダルトサイトでも重くなることなく表示できます。

【初期費用】【月額料金】【ディスク容量】
6,480円(税込)1,800円(税込)100GB
【マルチドメイン】【データベース】【転送量】
無制限MySQL 無制限一応制限なし

ランキング3位FC2レンタルサーバー(アダルト)

FC2レンタルサーバーFC2レンタルサーバーは、アダルト業界において絶対的な知名度を誇る老舗のレンタルサーバーです。と言うのもFC2の会社は海外の会社なのでアダルトサイトの運営も可能となっています。管理画面の構成が分かりやすいと言う事もあり扱いやすさという点は評価されています。
他社に比べると、月額料金が高くて容量が少ない、マルチドメインが使えないなど機能面での制限が多くなっており、コストパフォーマンス的にあまりおすすめではないのですが、圧倒的な知名度とサーバーの安定性は一つの魅力かもしれません。

【初期費用】【月額料金】【ディスク容量】
7,000円+税3,500円+税10GB
【マルチドメイン】【データベース】【転送量】
10個MySQL 10個一応制限なし